<   2011年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

29日の日記も夜中になりました。2001年4月29日、ルーテル教会の粂井牧師が、此処アンジュが、ずっと神様に守られて人々のための食卓を整えて行けるようにとお祈り下さいました。そして10年、お商売などしたことのない私が、何とか続けて来られたのです。導き備え与え守って下さった神様と、支えて下さった皆様に心から感謝申し上げます。明日、私は、新しく備えられた黒松内で、アンジュ・ド・フロマージュの地域への町施設のお披露目と試食会を致します。翌5月1日は、親しい方達をお招きしての試食会とささやかなパーティーを致します。農場の全面オープンはまだ先になりますので華やかなことは出来ませんが、チーズ工房のスタートを皆様とともに始めたいと思います。明日、明後日は札幌のアンジュを留守に致しますが、お電話・ファックス・Eメールでの対応はいつも通りでございます。どうぞよろしくお願い致します。
    seiko
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-30 01:15
a0119365_1503615.jpg

久しぶりにこんな時刻に記しています。と、書きかけたら警備会社からお電話が来ました。ちゃんとお仕事をしてくれていますね!今日は出かけることも含めて、農場の準備に終始していました。お買い物も、厨房も慌ただしく過ごしています。何とか間に合わせなくては。明日も終日準備です。
    seiko
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-29 01:50 | 日記
a0119365_0325070.jpg

時間は、現実を思い出にさせ、和解を結び、思い出を忘れさせてくれる。悲しみや怒りを喜びに変え、希望を抱かせてくれるもの。東京の姪(旦那様の弟の娘)を札幌駅まで送って来ました。6年くらい前に会って以来ではないかしら?先端企業のプロデューサーは来月はニューヨークだそうです。辛夷が咲き始めた駅前の空に、去って行った人達の働きは残された者達へのエールとなって、また新しい春を呼んでいるようです。新しい春への一歩が希望と喜びに満ちて出て行くことが出来ますように。
     seiko
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-28 00:32 | 日記
a0119365_23292926.jpg

可愛らしい羊を持ってお教室の朋子さんがいらして下さいました。レッスンがお休みだったり、お子さんの大事でお休みされたり、2ヶ月ほどお目にかかっていなかったのですが、丁度クッキーが焼き上がったところだったので、久し振りにおしゃべりをしながら袋詰めをしてシールを貼って出来上がり!大いに助かりました!!!まだまだクッキー続きます。夜、義母と別れの時間を持ちました。寂しくなります
   seiko
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-26 23:29 | 日記
遅い時刻になりました。今日はお昼にまた佳子さんがお手伝いにいらして下さいました。クッキーの袋詰めをお願いしています。アンジュを始めた頃に戻ったようだね。社会保険労務士の幾子先生が熱心にお手続き下さいます。カタログのお仕事もポロポロと入りますので、何とか頑張って行きましょう。夜、母と一緒に義姉の家に行きました。穏やかな義母のお顔に何だかほっとしています。そして今まで、二種類目のクッキーを焼いています。香ばしいチーズの匂いが漂っています。
    seiko
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-26 01:42
イースターでした。教会はいつもより沢山の出席者です。皆、イエス様の復活をお祝いしています。私は礼拝当番でした。聖書の拝読をさせて頂きました。12年前のイースターに長い求道の末受洗したのです。今、神様に導かれて生きる喜びに溢れています。どのような道が与えられようとも、イエス様が共に歩んで下さることを信じて、また今日からを歩いて行こうと思います。イースターおめでとうございます。
   seiko
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-24 22:48
雨降りの土曜日は一人でお菓子を作っています。前庭も中庭も内倉さんの会社のD工さんとE藤さんがきれいにお手入れをして下さったので、お日様の光と雨のお陰でお花や緑がぐんぐんと大きくなって来ました。ライラックも枝垂れ桜も芽が膨らんで、暖房をまだ入れている室内に居る私達の方が何だか縮こまっているみたいです。午前中にチーズ職人のKABAちゃんと料理人のアルパカ君が、これから黒松内に行くので何か持って行く物はないかと寄って下さいました。ありますあります。チーズをカバーする素材やジャムの瓶、花器やラクレットオーブン、お布団にマットレス、キャンドルや絵画など、車に積めるだけ積み込んで”いっていらっしゃい”そして、また私はお菓子を作っています。
    seiko
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-23 23:34
日中は、佳子さんがお祝いにいらして下さり、そのままクッキーの袋詰めなど夕方までお手伝い下さいました。園子ちゃんも連休のチーズパーティーには行けなくなったとお祝いに来て下さいました。内倉さんと三浦先生は黒松内に持って行くものを運んで下さり、少しづつ現実のものとなって来ました。私はお菓子を作り、配送に出し、ジャムを瓶に詰め、夕方まで厨房です。今夜は札響の定期演奏会の日。どうしても行きたいプログラムでしたので、ギリギリの時間に佳子さんにキタラまで送って頂き間に合いました。今日は”聖金曜日”イエス様が捕らえられ十字架に架けられた日です。そしてこの日のプログラムはドボルジャーク作曲:スターバト・マーテル(悲しみの聖母)です。指揮はラドミル・エリシュカさん。ソプラノ・アルト・テノール・バスのソリスト4人と混声合唱を加えたオーケストラが全10曲を休憩なしの通しで演奏されました。これは、十字架に架けられた神の御子イエスキリストを見上げ嘆く聖母マリアの悲しみの曲です。我が子でも神の御子、母としての愛、神への愛。これは、570年前の古い詩にドボルジャークが曲を書いたのですが、その時ドボルジャークは3人の子どもを次々に亡くすという悲しみの時期でありました。ですから、なお一層、聖母の悲しみ嘆きが深いところで理解し素晴らしい楽曲になったのだと言われています。昨日は”聖木曜日:洗足の木曜日”で夕礼拝に出席し、今夜は”聖金曜日”に聴いた”スターバト・マーテル”本当に聴くことが出来て良かった!チェコ出身のエリシュカさんは東欧の政治的な苦しみを背負った国に生まれ、神様とともに歩む歴史の中で、この聖母の悲しみや祈りを、ご自分の身体や精神を通して実感していらっしゃるのだと思います。本当に心の有る、素晴らしい演奏でした。ソリストもですが合唱も素晴らしかった!オーケストラ、ソリストとともに感動を与えて下さった合唱団の方々へも感動と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。帰りは、M澤さんの車で送って頂いてしまいました。奥様の紀久子さんともうお一人、テノールのソリストさんとご一緒させて頂きました。感動の一夜。私の罪を購うために十字架に架かられたイエス様に赦しを請い、いつも呼び求め立ち返って行く私で居られますように。
    seiko
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-23 01:03
今夜は、教会の夕礼拝に行ってきました。24日の日曜日はイースターですので、今日、木曜日は”聖木曜日:洗足の木曜日”です。イエス様が十字架にかけられる前に最後の晩餐の時、イエス様は12人の弟子の足を自ら洗われたのです。私は感動していました。アンジュのホールを開けている時には出席することが難しい礼拝が幾つかありました。この聖木曜日の礼拝もそうでした。今回初めての出席だったのです。いつもの日曜礼拝とは違って、もっとずっしりとしたものが心に溜まって行きます。罪深い私達を赦すために十字架に上られ三日目に蘇えられたイエス様の、徹底して人に仕えるこの世での年月、そして今も生きて私達の側に居て下さる方に私も委ねて行きたいと思うのです。様々なことに遭遇しても、恐れずに側に居る方を信じて歩んで行きましょう。教会に行けたことがとても嬉しかった日です。
   seiko
    
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-21 22:06
朝、銀行でお支払いを済ませた後は終日お菓子を作っていました。ご注文のケーキにカタログのお菓子もまたぽろぽろと入って来ます。後はずっとクッキー生地を作っています。チーズのクッキー、今は3種類です。生地作りをもう少ししたら今度はチーズケーキを作りましょう。ミシンがけがあと数枚残っていますが、今夜はどうしましょうか・・・明日もまたずっと厨房です。
    seiko
[PR]
by ange_seiko | 2011-04-20 21:18