<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今日で6月も終わりスイーツカフェへのお菓子出しも終わって、札幌は夏日の暑い一日でした。大通公園では、白い半球のドームが出現。札幌シティジャズに向け準備が出来つつあるようです。恒例のPMFも始まりますし、この時期の札幌は街中に音楽が流れ、素晴らしい季節になります。子どもの頃から、いつも風に乗り音楽が聞こえてくる。季節の匂いと空の色、緑溢れる中、深々と雪の降る白い季節さえ、どこからか流れる音楽。札幌はそんな街です。短い夏の幕開け、存分に楽しまなくては!
  seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-30 22:49
先日放送された番組の「検証会」がありました。放送で取り上げられたモノ4種について、試食会で検証し、これからの参考にさせていただくと言うもので、番組のリスナーさん7名と、プロの食品に関係のある方3名がご参加です。味だけではなく、お値段、包装、希望などをお話して下さいます。こういう経験は初めてですのでドキドキドキ。概ね評判がよくホッとしています。この結果を参考に、また新しいアンジュの商品を考えて行きたいと思います。大変お世話になり有難うございました。
  seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-30 01:34
急に暑くなったので、身体がついていかないみたい。最近はスポーツ選手が飲んでると言われる、アミノ酸とビタミンのサプリメントを飲みはじめました。筋肉疲労をとり、免疫機能を高め、元気に夏を乗り切るために!
   seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-29 01:30
お昼に街中のイタリアンレストラン「カンティーナスズキ」さんでランチをいただきました。7月にカンティーナさんでアンジュのチーズとカンティーナさんのお料理の会があるのです。それでちょっと打ち合わせに行って来ました。カンティーナさん満員のお客さま。30年以上もお店を続けていらっしゃるカンティーナさん、常連のお客様が沢山いらして、その上新しいお客様もどんどん。常にメニューやサービスに真剣に取り組んでいらっしゃるオーナーご夫妻のお人柄も素晴らしいのです。無農薬や有機栽培の野菜や放牧ミルクにこだわり作り続けていらっしゃるシェフの奥様は、モッツアレラやリコッタチーズも作られます。宜しければ7月19日、ご一緒いたしませんか?
   seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-28 00:07
a0119365_23593639.jpg


今日は舞台がお休みの姪と一緒にコンサートに行きました。キタラ小ホールでの「クァルテット・エクセルシオ 第5回札幌定期演奏会」です。もう5回にもなるのですね。京都は8回、東京は24回目の今年の定期演奏会、札幌も5年の歴史になりました。今夜はモーツァルト、メンデルスゾーン、ベートーベンの3曲に加え、アンコールはシューマンから。相変わらず非常にお上手な演奏で、4人の弦楽器がもっと沢山の編成のようにも聞こえ、また、難しい曲を素晴らしい技術で演奏します。姪はもともとクラッシックバレエを20年以上していたので、クラッシック音楽は馴染みが深く、難曲を居眠りもせずに聴いていました。今日は着物を着て行きたいと言うので、私の着物を。サバンナが舞台の演目なので、日焼けサロンで焼いた肌が着物にはちょっとエキゾチック。コンサートやお芝居はお勉強にもなるので時々は行っていたようですが、キタラの小ホールでの弦楽四重奏は初めての経験。また明日からの舞台への良い気分転換になったようです。
seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-26 23:59 | 日記
歯はとっても大事です。この2年掛けて治療していた歯は一本も抜かずに、どうやら落ち着いてきたようです。緩んでいた歯茎もしまってきたそう。食べ物を扱う(作る)仕事では、口腔はとても大切です。自分の歯でなければ味覚が正しく感じられません。それに内臓、特に消化器の病気の原因にもなりますので、本当に気をつけていかなければ。月に一回のケアと経過観察はこれからも続きます。
   seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-25 23:57
今日の礼拝説教は、大麻教会の吉田牧師でした。吉田先生はもともと中央ルーテル教会に通っていらして、理工系の大学院を出られた後に神学校に入られ牧師になられた方で、永もいた頃にご一緒でした。今日の福音書は、安息日に麦の穂を摘んで食べることへの是非の箇所です。当時は安息日には労働をしてはならないという律法があり、麦の穂を摘んで食べることは脱穀という仕事になるという律法学者たちの指摘でした。でも、イエス様は「安息日は人のために定められた、人が安息日のためにあるのではない」とおっしゃいます。回りをみると、人間の生活を豊かにするために作られた約束が、約束のための目的になってしまっていることが多くあります。決まっているから守るのではなく、なぜこのように決めたのかを見なければ、人の心は置いていかれてしまいます。私も日常の中で「大切なもの(こと)は何か」をよく考えていかなければ。
   seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-25 01:58
夏至も過ぎて、これからは日差しの強さと反比例して日は短くなってきますが、夏、思い切り満喫したいですね。7月14日は、農場の正式オープンから一年の小さな催しがあります。日中は町の方をお招きしてミニコンサートをいたします。昨年のオープニングで演奏して下さったヴァイオリニストの河村典子さんがいらして下さいます。夜は引き続き、ヴァイオリンを聴いてチーズを楽しむ会をいたします。詳細は後日またお知らせいたしますが、皆様どうぞお出かけ下さいませ。今夜も姪は疲れてもう夢の中。夢のあとには何があるかしら・・・パティスリー・アンジュの夏のギフト向けのお菓子は「アプレ・アン・レーヴ(夢のあとに)」です。キャラメリゼしたバナナと焼いたココナッツを入れたとても濃厚なチョコレートケーキです。冷たく冷やして召し上がれ!月末まで小さく作ったものが札幌スイーツカフェさんで召し上がれます。
  seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-23 23:43
a0119365_12843.jpg


雨が降ったので、後はお日様が欲しい農場です。牧草地の草は動物たちが皆食べるには不十分。笹の葉も食べています。柵の外の畑には先日植えた種が芽を出し始めました。写真はラディッシュです。青梗菜も芽が出ています。他のはまだ見られませんが、きっとちゃんと芽を出してくれるでしょう。後は山羊がジャンプして柵を越えないことを祈るだけ。去年のサフランのようにはさせませんよ!収穫が待ち遠しい野菜たちです。
   seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-23 01:02 | 日記
農場に来ています。お客様が一組、モッツァレラの体験に入って下さいました。5歳の息子さんをお連れのご夫婦です。ご主人様はフレンチの料理人。お仕事先のレストランでアンジュのチーズをお使い下さっています。少しづつアンジュのチーズが広がって本当に有難いことです。黒松内の道の駅「トワヴェールⅡ」にも、置いていただき始めてから二週間、お立ち寄りくださる方々の目に触れ、手にとっていただけることに嬉しく思います。トワヴェールのチーズともども、黒松内の特産品として多くの方々に知っていただきたいと思います。農場は寒く、今も薪ストーブをつけています。
   seiko
[PR]
by ange_seiko | 2012-06-21 22:12