2014年 02月 26日 ( 1 )

母の付き添いで病院へ。今回の処置術も上手く言ったようですが、せめてもう少し持ってくれればいいのに。とお医者様もおっしゃっていましたが、何分根治ができない状態なので少しでも長いこと良い常態が続いと欲しいと思っています。それにしても長く生きるということはなかなか大変なことですね。意識がしっかりしていればしているほど、意識とずれの生じてきている身体をすり合せることはバランスを要し、あちこちに不具合も出てきます。私もこれから行く道ですから、母を見て学んでいきましょう。夕方、農場に帰ってきました。3日苦しんだ末に、山羊は死にました。妊娠中で子どもに栄養が取られ、母山羊の身体のバランスが崩れてしまう症状が出ていました。獣医さんでもなかなか分からないようですが、同じく大沼で山羊を飼っている山田農場のあゆみさんが教えてくださいました。自然とともに生きることは厳しいものがあります。
    seiko

[PR]
by ange_seiko | 2014-02-26 22:48